「GRACE ENGINEER'S(GE)」”FINAL☆EVOLUTION”11ozへヴィーデューティ・デニムオーバーオール/GE-103/DF0

ge103_html_1.jpg


ge103_html_2.jpg


ge103_html_3.jpg


ge103_html_4.jpg


ge103_html_5.jpg


ge103_html_6.jpg


ge103_html_7.jpgge103_html_size.jpg


ge103_html_lady1.jpgge103_html_lady2.jpgge103_html_lady3.jpgge103_html_lady4.jpg


ge103_html_8.jpg
ge103_html_9.jpg
ge103_html_10.jpg


2013ge101_html_2.jpg
必見、製作者が語るアピールポイント!!
「申し訳ございません。GE-101は現在庫を以って終了とさせていただきます・・・。」こんな電話が当店に掛かってきたのは忘れもしない4月に発売したGE-101#2013年ver.をまだ一生懸命販売している時でした・・・。いやぁ、ショックでしたね。お客様から多大なご支持をいただいてまさに「在庫があればどこまでも売れる」そんなモンスター商品が勢いピークで終了してしまうんですから、ちょっと古いですが山口百恵・キャンディーズの引退と印象は似ていました(ホントに古くてすみません)。ただ、当時のアイドルもそうですが、GEを作っているSKプロダクトさんだって、きっとこの決断にいたるまでは本当に、悩み、苦しみ、そして精一杯製造工場やコストを交渉し、結果「潔く」出した結論だと思います。

 当店とこのGE-101とは縁があり、実は最初のサンプルを見た時はまだ数センチの「布キレ」の状態でした。当時からツナギの販売に頭角を現していた当店にとって、多くのメーカーさんは「あそこのお店、なんで”デニムのツナギ”を扱わないんだろう??」っていうのが不思議だったそうです。
 そう、当時から実はデニムツナギっていうのは人気があり、私(作者)としても決して無視はしていなかったんです。もちろん、カッコイイデニムツナギがあれば、当時の私だってきっと飛びついていたと思います。ただ、確かに当時、私はその手段をとらずにいました。それは、

ダサイ。

からです。正確にはダサかった。。。です。「たかが作業着」かもしれませんが「されどデニム」です。昔からアメカジが好きでジーンズが好きだった私からすると、本当に当時販売されていたデニムはいかんともしがたいスペックでした。まず、(1)当時のインディゴの色が個人的に嫌い。(2)ユーズド(着古し加工)も存在していたがどれもわざとらしく、また綺麗なブラスト(ヤスリによる生地の研磨:これが白っぽく色落ちした風合いを生みます)ではなく、泥か黄色いホコリが付いたかのような着古しというよりは汚れ加工に見えました。
 とはいえ、私がいるのは作業服業界。そしてデニム好き。作業用服には作業服に合った価格帯というのものがあり、またデニムが好きだからこそ自分の求める加工は無理だろうとずぅぅぅぅぅ〜っと思っていたんです。そしていつからか、デニムのツナギを探すということさえやめてしまっていました。
そこへ一声かけてくれたのが、GEブランドを手がけるSKプロダクトさんでした。たぶん、その前から自分がデニムツナギに懸ける想いを伝えていたと思いますから、ハードルが高かったと思いますが、「満足して頂けるデニムツナギを作ろうと思います。」といってくれた時は嬉しかったですね〜。何しろ私が良いと思っていてもお客様に評価していただけるかも当時はわかりませんし、私もメーカーさんも手探りでサンプルの数を重ねていったことは今でも鮮明に覚えています。
 幾度と無く、ヒットを重ねてきたGE-101ですが、ある意味、誕生するタイミングが悪かったのかもしれません。世界情勢の急激な変化や為替相場に翻弄され、最終的には同じ生地すら用意できないくらいコストが上昇してしまいました。

「GE-101終了」。これは当店だけではなくて多くのお客様に残念との声をいただきました。私もここ最近の円高や近郊国との関係悪化などニュースを拝見しておりましたから、いつの間にか「GE-101も過去」と割り切り、新たなデニムツナギを探す事も諦めておりました。だって、GE-101以上のツナギはどうやっても出来ないと思っていましたから。しかしある日、メーカーさんから電話があり「本日”ある”商品サンプルを送りましたのでご確認ください」と言われ、後日荷物をあけてみると・・・、そこには

「あれ?!絶滅したはずのGE-101・・・、いや違う?!これは・・・」

そうなんです!!メーカーさんはコストに苦しむ「GE-101」を泣く泣く終了させましたが、この強烈なインパクトを持つGE-101の遺伝子をしっかりと継承した(新)デニムツナギを新しい製造工場で復活!!!!させていただんです(驚)!! 自分がとことん、恥ずかしくなりましたね。諦めていたのは私だけでした。届いたツナギ、パッと見た目はGE-101と大差ないように見えますが、細かなスペックを見てみると、千差万別まったくの別物です。つい最近発売された某メーカーさんの某長有名スマホのように外見は前作と一緒ながら、中身と機能性はガラリとかえてきたまさに「S」モデルです☆

【品番を変えたのにはこんな訳が!まるで前作と異なるスペックに脱帽!!】

■デニム・・・まさか一回で私がOKが出せるようなブラストをかけて仕上げてくるとは・・・、これの成果はGE-101を通じてメーカーさんが吸収した大きな強みです。カラーは青をベースとしたインディゴを綺麗にブラストをかけ白っぽく仕上げている、いわば現代風のユーズドウォッシュです。この技術が卓越しているかどうかがこの商品の出来不出来を左右するだけにユーズドの加工を施すメーカーさんはこの部分にかなりのエネルギーを注ぎます。とてもインディゴからアタリの部分がすごく自然でいてわざとらしくない、そして色合いもさわやかで着る人を選ばない、とても綺麗な加工に感動しました。また、最大限の魅力は前作は10ozだったデニムの厚さが今作からは11ozにグレードアップ!!しており、これは前作GE-101をご着用のお客様より「カッコイイんだけど、生地がこすれて破れてしまう」とのご指摘も受けており、今回生地厚を大幅にグレードアップする事により、デニムツナギとして、いや作業用ツナギとしてトップクラスの耐久性を実現しました!!

■シルエット・・・大きく変更が加えられたのは「下半身(ボトム)」の部分で、今まで寸胴ボトムをスパッと切ったいわば「ドラム缶のような裾幅」がった一般的な作業ツナギから、今作から裾にむけて緩やかにスリムになっていく”テーパード・スリム形状”を採用し、着用時の裾のバタつきが体型にかかわらずゼロになりました。「窮屈なんじゃない?」と思うかもしれませんが、細いといっても「ゆるやかに」ですから、今までの無駄と思われる生地をカットしたイメージです。ですから、太ももあたりは従来通りの太さを有していますので、このシルエットになったからといって「窮屈になった」とはならないと思いますので、リピーターのお客様もご安心ください。
 また、上半身につきましては、GE-101 「2012(極端に細め)」、「2013(細め)」とバージョンによって変化しておりましたが、近作は上半身は「細め(2013年ver.)」を踏襲しています。

■ユーズド加工・・・今回生地を厚くすることにより、従来では生地の耐久性の観点から無理とされたんですが、今回は強力で綺麗に仕上がる加工を施したので、とても綺麗な風合いです。もう正直、作業服屋さんじゃなくて、ファッションショップやセレクトショップに陳列されていた方が似合う雰囲気まで仕上げられています。正直、私も数々のジーンズを見てきましたが、仕上げだけならナショナルブランドに負けない仕上がりです。色が薄れている「ブラスト加工」に関しては、あくまで自然を演出し私の嫌う「わざとらしい」、「不自然」な加工ではなく、私自身も大満足です。

■機能・・・前作GE-101の大きな特徴である内部に内臓される「サスペンダー」も健在。ちょっと暑い日は上半身を脱いで付属のサスペンダーで気軽にサロペットパンツスタイルに早代わり。「付け根が取れてしまう」とのリピーターさんの声を反映し、今回から外れにくい仕様に変更になっています。

■重量・・・ツナギと軍手は「重いほうが丈夫」との名言があるほど、我々作業用品業界に属する人間は「重さに対して敏感」なんです。今回は前作10ozから11ozへの重量化になりますから、当然当然、前作よりも重く、そして格段に丈夫になりました。ちなみに4月に発売されたGE-101は重量1250g、そして今作が1350gと100gアップしています。手にした時の安心感が全然違いますよ!乞うご期待☆


その他も数え上げたらもっと説明が長くなってしまうくらいマイナーチェンジのポイントがありますが、それらは詳細画像でお伝えしますね、では最後に私が実際に着用してみた感想をお伝えいたします!!最初に感想から!120点満点!!です。私が持っているデニムに対しての想いや、メーカーさんのコストギリギリの加工、全てが商品の最終価値をググ〜ッと押し上げています!!身長:178cm、体重:76kg、ウエスト:82cm、普段着るツナギのサイズ:LLサイズ、GE-105のサイズ:Lサイズの私が着てみたところ・・・カジュアル・すっきり志向の方にはLサイズ、思いっきり作業用、整備用のお客様はLLサイズがお勧めです。結論からいって両方イケましたが、確かにそれぞれ着心地と特徴が異なります。ファッション感覚で着るなら、普段のツナギのサイズの1サイズ下、作業用オンリーであれば普段着用しているサイズのままで着用するのが良いと思います。
 GE-101のリピーターさんはそのままのサイズをお買い求めください!!
 見た目はほぼ同じだけど、中身が別物。もともとモンスター商品だったGE-101からの劇的な進化バージョンをぜひ、お試しください。きっとこの商品、「見た目」「デニム」「機能」「シルエット」過去最高の完成度だと私個人は思っています。私と同じ感動を多くのお客様に味わっていただきたいですね!!



「GRACE ENGINEER'S(GE)」”FINAL☆EVOLUTION”11ozへヴィーデューティ・デニムオーバーオール/GE-103/DF0

大ヒット作が品番を変え最終進化に挑む!!

SKU:GE-103

kart_bar_2.gifkart_1f.gif
kart_2c.gif
kart_3.gif





サイズ SS S M L(紳士) LL(紳士) 3L(紳士) 4L(+500円)(紳士) 5L(+500円)
参考身長 158-163cm 163-168cm 168〜173cm 173〜178cm 178〜183cm 183〜188cm 188〜193cm 193〜198cm
着丈 49cm 51cm 53cm 55cm 57cm 59cm 61cm 63cm
肩幅 40cm 41cm 42cm 43cm 44cm 46cm 48cm 50cm
バスト 98cm 102cm 106cm 110cm 114cm 118cm 122cm 126cm
ウエスト 87cm 91cm 95cm 99cm 103cm 107cm 111cm 115cm
股下 73cm 75cm 77cm 79cm 80cm 80cm 82cm 82cm